35
ドメーヌ・モン

ドメーヌモンはドメーヌタカヒコの曽我貴彦氏の下で2年間栽培と醸造を研修した山中敦生(ヤマナカ アツオ)が2016年春から独立し北海道余市郡余市町登町の標高50mに位置する約3ha(栽培面積は1.8ha)の畑で初年度にピノグリのみを2、200本植樹した小さな農園兼醸造所です。
除草剤、化学肥料、化学農薬を使わない栽培や、醸造において乾燦酵母は使わずに野生の酵母で発酵させたり、 亜硫酸やポンプの使用を極力減らしたりとなるべくワインに負荷をかけずに造るといった思想は規模が小さければ小さいほど色濃く反映し、「農」と「人」を感じられる自然なワインがつく れると考えています。

今回販売予定ワイン2種類
  • シードル